Pick Upされた人気記事

ぼく「その仕事は10人月な」客「5ヶ月にしてくれ」ぼく「納期を5ヶ月にしたいってことか?なら12人月だな」

カテゴリ:日記 コメント(0)
business_man3_1_question.png







1 :名無し

客が意味がわからんって顔をしてるけど、普通はわかるよな?
2 :名無し

3ヶ月ならもっと割安になるの?
3 :名無し

解らね
4 :名無し

人月が通じてないやん
6 :名無し

夏休みの宿題を1人でやると1月かかる
これが1人月で納期も1月
15日にする場合は2人でやる。
計画と作業分担などのスタッフ工数が入るから1.2倍する
15 :名無し

>>6
そのスタッフ工数とやらで何倍にするかなんて会社によって違うんだから
スレタイのとおり主張するのはいいけど理解されないのも理解できるだろ
5 :名無し

ん?いかに納期を絞ろうと工数は同じなのだから10人月は10人月のままだろ
9 :名無し

>>5
納期は短いほど工数も上がる
11 :名無し

>>5
1人が10ヶ月かけたら10人月
10人が1月かければ10人月

1000人が2時間ずつくらいやっても10人月

人が増えると見積もりが上がる。
だから納期は10人月なら10ヶ月後が普通
12 :名無し

>>11
いや普通じゃないだろう
100人月を100ヶ月後に納入させるバカはいない
13 :名無し

>>12
だから納期で最初に決めるんだよ
10人体制で納期10ヶ月って決まるだろ
そこには既に乗っかった額が積まれてる
14 :名無し

>>13
いや最初に納期を聞けよ無能
16 :名無し

>>14
だから10人月の10ヶ月と言ってるだろ
19 :名無し

>>16
>1だよ
なんで納期も聞かずに一人でやった場合で計算するんだ
22 :名無し

>>19
大体10人げつぐらいの仕事だったら、納期がなければ1人でやるよ
17 :名無し

意味分かってないのはお前だろ
人月は工数の単位だから納期が変わったって変動しねーよ
18 :名無し

>>17
お前はバカか?
21 :名無し

>>18
工程調整は諸経費だな
23 :名無し

>>21
その諸経費もひっくるめて、人間計算で出すだろう
28 :名無し

>>23
工数いくらで工程管理がいくらでって出さないと見積もりとして使えないから
そもそも一人だからって工程管理しなくていいわけじゃないしな
20 :名無し

1人で1000時間はた働くのと
1000人が同時に1時間働くのと
どちらも同じ見積もりになるか?
24 :名無し

相手がわかってないと察してるのに教えてあげないのはただの無能だな
そんで相手側がミスったら俺はちゃんと伝えたって言い張って責任押し付けるんだろ お前みたいなやつとは働きたくもない
27 :名無し

話を噛み砕けない奴は無能と習わなかったの?
こんなこともしらんの?
無能なの?
38 :名無し

>>24
>>27
いや前提中の前提だろ
電話口にいちゃいけないレベルだぞこれわからないって
25 :名無し

仕事量=人数✕効率✕期間
これで1人月は10人でやっても1人でやっても同じっていうやつは効率を無視してる

実務をしたことがない。バカな情報処理の資格ゲッターみたいなやつにこういうのがいる
29 :名無し

>>25
人月はそこ無視すんのよ
その辺の変動や個人差考慮してたら数値化できない
先輩に聞いてみ
26 :名無し

1人3万円で合計100人かかるから300万です。
みたいな説明出来ないの?
30 :名無し

てかこいつの計算だと10人月ならコードレビューも通さずに納品する計算してそうだな
31 :名無し

客「100人かけて2日で納品してください」
33 :名無し

納期がどうのこうのより全体スケジュール立てたときに並行作業がどれくらいあるかでリスクとして積む工数変えるくね
全部の作業が前段なしで同時に進めれるならいいけどあんまりそんなことないし
1人でやるなら全体1日遅れは1人日の負債だけどn人並行でやるなら1日遅れはn人日の負債だろ
具体的にどれくらい何人月積むかは仕事によるだろうけど
34 :名無し

>>33
一人遅れたところでその後の工数が変わるわけじゃないだろ
変わるのは納期合わせのリスケする場合

つまりそれは工数見積もりじゃなくて納期見積もりの話
35 :名無し

>>34
なんでリスクとしてあらかじめ積んでおく分が増えるよなって話
リスク分て工数に積まないもんなのか?
36 :名無し

>>35
リスク分は工数には積まないでしょ
そういうのは管理費で積む
まぁ工数自体にいくらか余裕は見てるだろうが
37 :名無し

>>36
あぁそうか
費用と工数ごっちゃにしてたわすまん
39 :名無し

相手の会社も自分の会社で使う言葉と同じと考えるのはやめよう







この記事へのコメント