世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

カテゴリー:ほのぼの

彼女とカラオケに行った。彼女「何か気づいたことない?」俺「太った?」彼女が無表情になり無言のまま曲を入れた。彼女が歌った曲は……

135: 名無しさん@おーぷん 2016/07/06(水)21:59:07 ID:xaj
こないだ彼女とカラオケ行った時、「何か気づいたことない?」と聞かれたので何の気なしに「太った?」
と答えたら、ふっと彼女が無表情になり、無言のまま曲を入れてそのまま大声でトリセツを歌い出した。
この物語の続きを読む

旦那のPCが壊れたので私のPCを貸したらいつの間にかマイピクチャにエロ画像フォルダが出来ていた。全部猫の画像に差し替えてやったwww

365: 名無しさん@おーぷん 2016/01/26(火)13:09:19 ID:9O3
旦那のPCが壊れた
excelじゃないとできない仕事があるというので私のPCを貸してたら
いつの間にかマイピクチャにエロ画像フォルダができてた
この物語の続きを読む

嫁から受けた仕返し。嫁「甘い卵焼きだと思って食べたら実はしょっぱかった。しょっぱい卵焼きだと思ったら甘かった。あのがっかり感を毎日俺くんに味合わせてあげようという私なりの小さな嫌がらせなのだよ!!」

209: 名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木)00:03:24 ID:VbA
俺はされた側だけど、嫁のくだらない仕返しの話

嫁はだし巻き卵が好きで甘いのは苦手
俺は甘い卵焼きが好きだが嫁の作る卵焼きはなんだって美味しい

この物語の続きを読む

小学2年生の双子たちの遊びについていけなくて辛い。娘「なんでこれぐらい出来ないの!?いっつもパパと一緒に遊べない!!パパと遊びたいのに!!」

608: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)09:54:54 ID:i8x
リアルでこんな愚痴誰にも言えないからここで吐かせてもらう。

うちの嫁さんはすごく頭のいい人間。
ただ勉強が出来るってだけじゃなく、なんというか別次元な頭の良さ。
たぶんああいうのが天才ってやつなんだろうなって感じ。
それでもって頭の良さをひけらかしたりもしないし、本当に自慢の嫁さん。
そしてうちの子供達。
この物語の続きを読む

【いい話】震災後実家に帰ったら…母「なんかユイ(飼い猫)が2匹いるような気がする」→実は・・・

195: 2018/09/15(土) 08:49:17.22
家はこないだ地震があった地域で祖父母と母と猫(1匹)が住む実家が棚やテレビが倒れて大変だった。
私は札○で1人暮らしをしていたので、食べ物と水をリュックに入れて徒歩で実家に行った。
実家は粗方片付いていて家族も猫も元気にしていたら、母親が地震の後から気になる事がある、と
「ユイ(猫)が2匹いるような気がする」と言い出した。
え?と飼っている黒猫を見てみたけど勿論1匹しかいない。
この物語の続きを読む

【優しい】報告者「咳喘息を患ってからとっても辛くて恥ずかしい…どうしたら治せる?」スレ民「わかる。けど恥ずかしがる事はないだろ」

481: 名無しさん@おーぷん 2017/05/13(土)22:56:10 ID:Tu3
汚い話だけど咳喘息を患ってから吐きやすくなって困ってる
軽い咳や喉の渇きでいとも容易く胃の中身が逆流してしまい吐く
特に何もなくとも呼吸の拍子で迫り上がってくることすらある
この物語の続きを読む

東京から大阪に転勤したんだけど会話の中で上司が「ぎょうさん」って方言を使ってたんだけどわからなかったから「ぎょうさんってどんな意味なんですか?」と尋ねたら社内でネタにされまくった

403: 名無しさん@おーぷん 2017/05/13(土)13:30:13 ID:czo
今年から東京から大阪に転勤になった
会話の中で上司が「ぎょうさん」って方言を使われた
意味がわからなかったので「ぎょうさんってどういう意味ですか?」って聞いたら心底驚かれた
この物語の続きを読む

【仕方ない】中学に入学したての頃「イエローモンキー」の意味が良くわからず英語の先生に意味を聞いてみたら…

224: 名無しさん@おーぷん 2015/02/28(土)18:41:33 ID:E7j
今思い返すと自分がただ無知な子供だった話なんだけど。

昔、中学に入学したての頃、ある漫画で外国人が日本人をイエローモンキーと呼ぶ表現があるのを見た。
この物語の続きを読む

【衝撃】夫が家に同僚を連れてきた。疲れ果てている同僚さんにごく普通の里芋煮っ転がしを出したら凄いリアクションをされたwww

663: 名無しさん@おーぷん 2015/12/07(月)16:45:22 ID:xSt
今も続いてる衝撃的な話
何年か前、仕事のトラブルで夫が同僚をうちに連れて来たことがあった
夜遅くまで仕事をしていたので、夜食に「もしよかったら…」とその日の夕食の里芋のにっころがしを二人に出した
かなり疲れ果てている様子の同僚さん。「頂きます…」と里芋を口に入れた瞬間、「ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙!?!?」(本当にこんな感じだった)と唸った
この物語の続きを読む