世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

カテゴリー:キチ:他

バス内で盲導犬を連れた人に「俺は犬のニオイが嫌いなんだ!早くこいつらを降ろせ! 」と喚くキチすると運転手が「金はいらねぇからテメェが降りろ」

modoken

↓↓似てる記事↓↓
盲導犬を傘で何度も刺突する男

132: おさかなくわえた名無しさん 03/12/24 14:05 ID:PF6rXz6j
路線バス(後払い式)に勤めてる友人から聞いた話。

Aさんという始末書件数がトップな人がいるんだが、
そのAさんが運転する路線では、いつも決まった時間帯に
盲導犬を連れたおばさんが乗って来る。

おばさんはいつも笑顔で「おはようございます」等と
運転手に挨拶したりするいい人。盲導犬もちゃんとした
盲導犬なので吠えたり暴れたりせず、おとなしい。
この物語の続きを読む

エスカレーターでぶつかった女の髪を掴む爺「ここは動いてるんだ!歩きたいなら階段で行け!常識だろう!」するとガタイのいい男が来て・・

esca

66: おさかなくわえた名無しさん 03/12/01 17:07 ID:Xj38XSpP
朝の地下鉄のエスカレーターで、
皆片側を開けていたのですが

急いでいたらしい若い女性が登っていき、
年寄りの横を通った時、
ちょっとだけかばんが年寄りの体にぶつかり、
女の人は振り返って

「あ、すいませ・・」まで言った時、
年寄りは突然その女の人の肩を叩き
この物語の続きを読む

痴漢に間違われた男と勘違い女の修羅場!女「止めてください!」と平手打ち!痴漢じゃないと分かった後も「そんな場所に立ってる方が悪い」男は女をとび蹴りで階段から落とした!

funasi

353: おさかなくわえた名無しさん 03/11/14 13:50 ID:e0Zp/Ng6
先週の朝、痴漢に間違われたリーマンと勘違いした女の殴り合いを至近距離で見た。
総武線は首都圏では埼京線と並び痴漢発生率が高く、ラッシュ時に乗るリーマンや
学生は間違われない様に、両手でつり革を握ったり、両手で本や新聞を読んだり
腕を組んだりして、俺は何もしてないぞ光線を発してないと間違われる可能性が大だ。
この物語の続きを読む

夫「ネトゲやめろ!」 妻「障害児の育児丸投げしてるくせに!趣味で一日3~4時間くらいストレス発散したっていいでしょ!」夫「じゃあ子供連れて出て行きます」

BlogPaint

91: 名無しさん@HOME 2011/09/25(日) 14:49:47.07 0
今が修羅場かも。
喧嘩して旦那と子供が出て行ったまま、帰ってこない。
電話してもとらない。もう、なんかつかれた。
この物語の続きを読む

寺の中を撮影していたカメラマン「とまれーっ!」男「『止まれ』じゃなく、『止まって下さい』だろ!?」無視されたので撮影を邪魔してやった!!

kameraman
348: おさかなくわえた名無しさん 03/07/11 12:08 ID:oV1+gAOn
京都を一人旅行した時、お寺の庭園を散歩した。
俺のほかにも修学旅行生とかカメラマンとかいろいろいた。
俺は数人の他の観光客とあるいてたら、いきなり寺の中を撮影していたカメラマンが
「とまれーっ!」と叫んでこちらを睨みつけた。
俺は「え?」と即座には認識できなくてさらに数歩あるいたら、
「とまれ!」「と・ま・れ」「とっ・まっ・れっ」と叫びながら睨む。
わけがわからず、止まると中を撮影し、撮影がおわるとカメラマンとアシスタントは
さっさと移動し、別の方向にカメラを向け撮影はじめた。。

俺の髪の毛は逆立った。
この物語の続きを読む

「犬が嫌いなんだぁぁ!!」と叫び他人の盲導犬を傘で何度も刺突する男!その時「俺は犬が好きやねん。代わりにワレをしばいたるわ」 という声が・・

939: おさかなくわえた名無しさん 03/06/19 04:13 ID:iCtPrqlD
コピペですが、この話最高でした

電車の中といえば、先日こんなことがありました。
お昼前のかなり空いている時のことです。
白い杖を持ったおばさんと盲導犬が乗って来ました。
この物語の続きを読む

姉の彼氏が自衛官の伯父と義叔父に「あなた達の存在が日本から戦争を根絶させない元凶、日本をまた焼け野原にしたいんでしょう?」とネチネチ攻撃

jieikan
364: 名無しさん@HOME 2011/03/30(水) 18:25:09.02 0
私が小学生の頃の話

私には11歳上の姉がいる。
姉は大学進学とともに県庁所在地で一人暮らしをはじめ彼氏ができた。
この物語の続きを読む

変なキチ女にビンタされた

flower
106: 恋人は名無しさん 2012/06/10(日) 22:11:37.24 ID:erQt9670O
長くなるかもですが失礼します。
現在は結婚しているので当時の話になります。

私子 23歳 花屋
彼男 26歳 声優や俳優等特殊な職業
A子 18歳 彼男のファン
B子 C子 18?歳 A子の取り巻き

私子は彼と同職業を目指していた姉に(養成所(?)時代に)紹介され友人期間を経て彼男と付き合っていました。
彼男は当時余り売れて居らず、売れたら結婚しようという口約束ではありますが婚約して居ました。
売れては居なかったのですが、この事件が起こる半年前位からそう言う系の雑誌などに取り上げられる様になっていました。
此処までが前提。
この物語の続きを読む