世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

カテゴリー:キチ:DQN

万引き中学生「金払えばいいんだろ!テメエ、顔覚えたからな」バイト「そういう態度なら警察呼ぶしかないよ」中「おう、呼べよ。マッポにビビると思ったら大間違いだ」

dqn

824: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/23(日) 20:07:12 ID:EydUI9nh
コンビニでバイトしてたとき、万引きした厨房をつかまえたことがある。
本を服の下に隠して店を出ようとしていたんだけど、服がくっきりと四角くなっててねw
この物語の続きを読む

障害者用スペースに駐車中のDQN車をワイヤーで自分の車と結び付け無理矢理引っ張ってどかそうとするオッサン!D「人の車に何してんだ!」オ「やかましい!修理代は払ってやるわボケ」

kenin

535: おさかなくわえた名無しさん 2005/09/29(木) 22:02:09 ID:p6cz9h0f
ふだんよく行くスーパーの駐車場に、車いすマークのスペースがあるんだ。
でもそこはよく、ドコドコと重低音響かせた車が占有することで有名。
この物語の続きを読む

ツレのオヤジさんが親父狩りにあったので男3人でオヤジ狩り狩りをやった。泣いて謝るまで殴って土下座させてから最後に小指の骨をポキン。当時京橋で俺に小指折られた奴、すまん俺や

oyajigari

911: おさかなくわえた名無しさん 2005/08/20(土) 18:12:00 ID:0eVi02Xy
俺が24,5の頃、一通りヤンチャもしてまあ落ち着いてきたかな
この物語の続きを読む

女客「は?お前らコンビニ低賃金が何言ってんの?私の仕事に比べればお前の仕事なんて子供のお遊びだよ!手離せよカス!女に乱暴していいと思ってる?」キレた店員が女を背負い投げ!

konbini

738: 1/2 2005/04/10(日) 11:23:24 ID:lYEgkaGJ
昨日の出来事。
長くなるやもならんやも
この物語の続きを読む

哀川翔「男のクセにチマチマ騒ぐんじゃねぇよ」ヤクザ「何っ!」新幹線の中で一般人に絡む迷惑なヤクザを哀川翔が撃退!

BlogPaint

178: 名無しさん@自治スレ参加募集中 04/09/17 01:24:24 ID:vYjm6l8Z
新幹線の中でヤクザ風の男が
一般人の客に絡んでたんだって

他の乗客はヤクザと関わりたくないし、
止めにも入れなかった。
この物語の続きを読む

DQN「何ジロジロ見てんだよ。あ?」俺「中刷りを見ていただけ」D「ふざけてんじゃねぇぞ!俺はなぁXXって店の▲って言ってなぁ!その界隈じゃ有名なんだよ!さっさと謝れや!」

host

633: おさかなくわえた名無しさん 04/08/17 14:27 ID:IrXphLnm
会社の帰り、少し遅くなった時間のこと。
電車の中で中刷りを見ていたら、
その視線とは少しずれたところにいた
ホスト風の兄ちゃんが因縁をつけてきた。
この物語の続きを読む

電車で妊婦が席を譲ってもらったが座ろうとした時、DQNが妊婦を突き飛ばし席を強奪!DQN「文句あんのかゴルァ!!」キレた夫が顔面にパンチ!

yusenseki

855: おさかなくわえた名無しさん 04/03/20 01:01 ID:mr0OodDR
1/3

漏れの武勇伝を一つ。
(武勇伝とは言わないのかも知れないが)

漏れと漏れの奥さんで先日、
電車で買い物に行ったんだ。

その日は天気も良く、
ブラッと出掛けるには絶好の日だった。
この物語の続きを読む

DQNオヤジ「窓開けるな」客「じゃあ温泉で煙草迷惑なんで止めて下さい!」DQN「迷惑はてめえの方じゃねえか!バカヤロウ!」DQNは客にタバコを投げつけた!

tabako

※タイトル修正しました!

743: おさかなくわえた名無しさん 04/01/21 12:20 ID:LuPXKbSU
スケールの小さい話で済まんけどさ、
全国的に有名な温泉地で、
その地域でも
特に泉質の良い温泉浴場があるんです。

ガラガラと戸を引いて浴室に入ったとたん、
何か花のような湯の香りに包まれ、
少し熱めの源泉は心なしか
ぬるりと身体にまとわりつき、
肌が湯熱を感じるのではなく、
こう、身体の芯を暖めてくれる、
それを実感する名湯があるのです。
この物語の続きを読む

「ウルセーんだよ、ボケが!今すぐ機械止めろやゴルァ!」23時以降も重機は轟音を鳴らし工事終わらなかったのでチンピラが突撃してきた!

koji

469: おさかなくわえた名無しさん ID:C7wFtG9+
学生時代、ガードマンとして交通整理していたときの話。
都内の工務店に専属ってわけじゃないけど、必ず呼ばれて現場に着いて行ってました。
その日は大晦日なのに、緊急を要する仕事が入り現場へ。
周りは年越しムードなんだけど、23時を回っても重機はごう音を鳴らして未だ工事終わらず。。。

そこへ現れたのはいかにもなチンピラ2人組。マンションから勢い良く飛び出すと
ガードマンの俺に向かって苦情とはいえない恐喝レベルの怒声。
「ウルセーんだよ、ボケが!今すぐ機械止めろやゴルァ!」と。
今にも俺や他の作業員に殴り掛かかりそうな雰囲気。
この物語の続きを読む