世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

カテゴリー:修羅場(生活全般)

【マジキチ】酔っぱらった父の同僚にセクハラされた!父同僚「制服可愛いねぇ(私の胸鷲掴み)」→父同僚の顔面に一発&カバンで殴る→父同僚「警察呼べやぁぁぁ!!」→その後・・・

955: 名無しさん@おーぷん 2017/05/03(水)09:05:11 ID:74F
世の中狂ってる
親父が会社の人を家に連れてきた
そこに塾を終えた私帰宅
ほどよく出来上がった親父の会社の人
私はアルコール一切ダメなので酒臭い空間から逃げようとするが
家の作り的に会社の人の真後ろを通らなければ自室に行けない
挨拶だけしてそっと通り抜けようとしたら、いきなり手を掴まれた
この物語の続きを読む

【キチ飼い主】家の前に犬を捨てていく奴が後を絶たない。ある日・・・元飼い主「前捨てた犬を引き取りに来ました!」私「もう保健所に連れて行きました。その後は知りません。」→元飼い主激怒&大暴れ

867: 名無しさん@おーぷん 2017/04/28(金)15:26:03 ID:Yab
我が家は7匹犬を飼ってる。
庭は一族が昔住んでいいて母屋とか離れとかあって土地が広かった。
今はみんな出て行ったから母屋だけ残して他のは取り壊し。
それで庭が広くて犬たちが走り回れる環境にしている。
近所からも愛犬家って言われるし、近所の犬にドッグラン代わりに庭を開放することもある。
犬は大好きだし、ボランティアで資格取ってしつけ教室もやってる。
でもね、慈善家ではない。
それなりに裕福ではあるけど、犬を飼うのも限度がある。
それなのに犬を捨てていく奴が後を絶たない。
この物語の続きを読む

【修羅場】家に帰ると母親が倒れていた。小3私「救急車呼ぼう!お父さんに連絡しよう!!」母「大丈夫大丈夫~」→母脳梗塞で重度の左半身マヒ→ここから私の人生滅茶苦茶に・・・

485: 名無しさん@おーぷん 2017/03/16(木)13:41:58 ID:4ya
かなり長いです すみません
1/2
今から13年前私が小学3年生の時の話
冬休み明けで午前で学校が終わって正午くらいに帰宅すると母親が家の中で倒れていたのが人生最大の修羅場
倒れる直前まで抱っこしていたであろう妹(生後4か月)は床に転がってひたすら泣いて声が枯れていた
今思えばこの大泣きが原因で妹は今でもハスキーボイスなのかも
とりあえず妹にミルクをあげて母親に状況を聞くと、午前10時くらいから倒れていたらしい
救急車を呼ぼう、父親に連絡しよう、(母方)祖母に連絡しよう、近所の友達の家に連絡しよう、何を言っても母親は大丈夫しか言わなかった
この物語の続きを読む

【ざまぁw】婆「悪いけど、席変わってくれない?」私「…(具合悪くて会話もできない)」婆「席変わって?」私「…どうぞ!」→その結果・・・

814: 名無しさん@おーぷん 2017/09/02(土)15:57:07 ID:mja
汚い話注意

体調が悪くてフラフラだったけど、どうしても仕事休めなくて出勤した
幸い最寄駅発の電車があるので、座って行かれる。
少しでも体を休めようと、ガンガン痛む頭を抱えて、目をつぶっていた。
しばらくしたら、肩をトントンと叩かれた。
目を上げると、70歳ぐらいの女の人が立っていた。
この物語の続きを読む

ネトゲで知り合って連絡を頻繁にとってたA子ってやつがいた。A子が毎日「俺君隙」って言ってくるようになった。それから2週間ぐらい経って仕事してるときに…

291: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)10:35:54 ID:9nE
5年前の修羅場。

俺:当時18歳、高卒で働いてた(スーパーのレジ)
A子:同い年、新幹線で5時間の距離に住んでた

ネトゲで知り合って連絡を頻繁にとってたA子ってやつがいた。
当時ウィルコムが流行ってて、それでよく電話もしてたんだけど、そのうちA子が毎日「俺君好き」って言ってくるようになった。
俺は「そんな気はないよ。会ったこともないし」って断ってたんだけど、毎日毎日言ってくる。
電話越しに聞こえる俺の妹の声に嫉妬したり、変に束縛して来たりして、鬱陶しくなって連絡取るのをやめた。

それから2週間ぐらい経って仕事してるときに、なんかぼんやり見たことあるような人が俺のレジに並んできた。
お菓子を大量にカゴに入れてて「こいつどんだけお菓子食うんだよ」と思って顔をもう1回よく見たらA子だった。(顔は写メで知ってた)
A子は少し笑みを浮かべて俺を見るんだけど、何にも言ってこない。俺も何も言えなくて、そのままレジして終わりw

一回切る
この物語の続きを読む

高校生の時から収集していた陶器のコーヒーカップ・マグカップ計50個くらいまとめて捨てられた。奥さん的には「収集の経緯がわからない汚いもの」だったらしく…

284: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)00:31:04 ID:6mI
高校生の時から収集していた陶器のコーヒーカップ・マグカップ計50個くらいまとめて捨てられた
ほとんどは多分世間的には無価値かもしれないファストフードの景品とか記念のモノで
使用回数も10回未満で汚染も無いもの、もしくは親族から記念に貰った安いが思い出のあるもの
置き場所の関係もあり取捨選択をしつつ厳選してダンボール2―3個にまとめてた
愛用の1―2個以外は、時々出してきてコーヒー入れて飲むのが好きだった
でも、奥さん的には「収集の経緯がわからない汚いもの」
この物語の続きを読む

片道一時間バスに乗るんですが、3人の知的障害者の方が毎回乗るようになりました。ある日この3人のうち、男性の方に声をかけられました。

303: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)03:52:31 ID:8G9
知的障害者に付きまとわれた話しです、苦手な方はスルーして下さい。

私は高校までバス通学でした。
片道一時間バスに乗るんですが、途中に障害者の方が働くような施設ができで
その施設から駅まで、高2の始まり頃から、知的障害者の方が乗るようになりました。
主に3人で、1人は気の強い女性30くらい、もう一人はおっとりした女性30手前くらい、あと1人はフレンドリーな男性40くらいでした。
この物語の続きを読む

体育祭でクラス毎に別々のTシャツを作った時、担任のお気に入りの生徒Bが描いたデザイン案で勝手に注文書を出してしまった。Bのデザインは、一言で言うと中二病全開で…

324: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)14:03:47 ID:tnt
高校の時、体育祭でクラス毎に別々のTシャツを作った時の修羅場
クラスの中からデザイン案を募り、体育委員と実行委員達がいくつか選びクラス内投票して最終候補を決めるのだが
最終候補に残った生徒Aを担任が個人的に嫌いだった(言うことを聞かない、提出物が遅い等が理由)ので却下
担任のお気に入りの生徒Bが描いたデザイン案で勝手に注文書を出してしまった
Bが描いたデザインは、一言で言うと中二病全開
黒地にトゲトゲしい十字架と羽っぽいものと薔薇っぽいものが巻き付いてる絵が背中にデカデカと描いてあった
多少の修正はしてくれるものの、元の絵をかなり忠実にプリントしてくれる業者だったのでバランスは変だし線はガタガタ
胸元にはクラス番号から羽っぽいものが生えてるイラストが描かれていた

届いたTシャツを見て、「うわ…」と何人かが呟いた
男子はかなり露骨で「こんなの着て出るとか無理、俺体操服で出るわ」「俺はもう休もうかなー」とBに聞こえるように言っていた
この物語の続きを読む

卒業式のあと生徒達に「私は君たちみたいに、こんなに頑張って全力で学生やれてたかなぁって思うことがある」みたいな事言ったら、保護者からクレームがきて…

407: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)22:30:58 ID:NnS
教師の職について3年、ようやっと仕事にも慣れてきた時、一年生から教えてきた生徒が卒業した
田舎の小さい学校で生徒数も2クラスしかなかったから、皆大切な教え子でもう感無量
卒業式のあと、生徒たちが「先生ありがとー」とか「先生の授業眠くなったこと一度もないよ!」とか「先生みたいな教師目指す!」とか、色紙と一緒に色々言葉を伝えてくれた
その流れで私が生徒たちに餞のことばを送ることになった
周りには保護者の方も大勢いた
私の言葉は一字一句正確に覚えてるわけじゃないけど、こんな感じ
「私は君たちと年齢が近いから、学生の頃の記憶は鮮明に残ってる
その記憶を振り返って、私は君たちみたいに、こんなに頑張って全力で学生やれてたかなぁって思うことがある
君たちはホントに立派に頑張った、部活も勉強も、勿論遊びも
私がその姿をしっかりと見てきた
これからは勉強も難しくなるし、出来ることもやることも増えるし、その分責任も増えて、躓くこともあると思う
でも君たち、三年間も頑張れたんだから、乗り越えられないことなんてない
だから、自分を誇って、自信を持って欲しい」
この物語の続きを読む

サークルの部室で先輩女が同級生男に乱暴されてるのに出くわした。すぐに男を先輩から引き剥がし部長に連絡。→事情説明の時、何故か先輩女が自分は襲われていないと言い出して…

329: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)18:24:47 ID:sPo
 大学生の時、サークルの部室で先輩女が同級生男に乱暴されてるのに出くわした
すぐに男を先輩から引き剥がし、一緒にいた別の女が先輩を介抱して
部長に連絡

しばらくしたら部長が来て事情を説明したのだがありえないことになった
大事にしたくないのか先輩女が自分は襲われていないといいだしたのだ
そこで調子に乗った同級生男はただじゃれていたのに勘違いした奴が大事
にしたと文句をいいだした
一緒にいた別の女も
「そういえばじゃれていただけかも・・・」
「私達の勘違いだと思う」
などというようになり最終的に俺とその女が土下座するはめになった

この物語の続きを読む