世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

カテゴリー:修羅場(生活全般)

うちの親はいわゆる毒親というやつで、私は昔から言葉の暴力によるサンドバッグ状態だった。なんで結婚できたのか不思議なくらい父は見た目も性格もえげつない人で…

592: 名無しさん@おーぷん 2015/05/18(月)03:19:29 ID:rdu
修羅場かどうか分からないけど投下。
婚約してた彼氏ときのう契約崩壊したよ

うちの親はいわゆる毒親というやつで、私は昔から言葉の暴カによるサンドバッグ状態だった。
なんで結婚できたのか不思議なくらい父は見た目も性格もえげつない人で、母に会うまで恋人どころか異性の友達もおらず、それどころかキモがられてたらしい。
まず自分が絶対に正しいと思ってる。
だれしも皆そうだとは思うんだけど、父はなんていうか病的なまでに顕著なんだよね。
しかも言ってる内容は極端で偏見まみれで大体間違っているという……。
そのくせ、少しでも自分の意見を否定されると(どうだれうねぇぐらいで)ガチギレして、ありとあらゆる言葉で罵りまくる。
しかし自分は理性的だと信じていて、相手が怒ると感情論乙!とキレながらドヤ顔で言ってくるミサワみたいな人だ。
この物語の続きを読む

私が寝ていたすぐ隣で姉と母が喧嘩をしていた。母は部屋にあった延長コードで姉の首を絞めはじめた。これはヤバイと思った私は…

357: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)15:52:46 ID:X9F
去年の夏の話。
夜9時くらいのドラマを母と見てて、私は眠いから先に寝ようと寝室に行った。
蒸し暑くてよく夜中に目を覚ますんだけど、その時は叫び声で目が覚めたはず。
びっくりして起き上がると、私が寝ていたすぐ隣で姉と母が喧嘩をしていた。(部屋が少ないので私と姉は同じ部屋)
いつもの軽目の喧嘩じゃなくて、ガチの罵り合いで寝る事も出来ないし割り込めそうでも無かったので私は横になることにした。
今考えると止めておけば良かったと思う。
次の瞬間、母は部屋にあった延長コードで姉の首を絞めはじめた。
私は姉の呻き声で横を見ると、母は泣きながら叫んでいたが、姉は苦しそうな声を出すだけ。
これはヤバイと思った私は、2人の横を通って(私の位置は部屋の奥だった)部屋を出て、急いで二階の父の部屋に行った。
この物語の続きを読む

A子には彼氏がおり、小学校からの仲だという。ある日A子に彼氏に会ってくれないか?と言われた。→A子の彼氏に会う→そしてその夜…

901: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)16:41:31 ID:c4w
こんなスレあったのか。
ちょっとだけ吐き出させてほしい。
自分でも漫画みたいなできごとだなぁと思う……でも釣りじゃない。

人物
私:大学生。A子とは同じサークル。コミュ症で女子校→女子大。
A子:彼氏もち。美人だが若干だらしない。だが根本的に悪意はなく、話しやすい。
彼氏:違う大学生。A子とは幼なじみ。

この物語の続きを読む

ひょんなことから彼女と三つ下の彼女弟が喧嘩を始めた。その理由は彼女が、彼女弟がPCでいつもやらしいサイト見ていることを暴露してからかったことに対して弟が…

567: 名無しさん@おーぷん 2014/06/04(水)11:30:38 ID:grD2DV1B0
申し訳ないが、流れを読まず豚切りさせてもらいます

タメの元カノとの初デートの後に彼女の家に上げさせてもらったときはそれは修羅場だった。

ひょんなことから彼女と三つ下の彼女弟が喧嘩を始めた。
その理由は彼女が、彼女弟がPCでいつもやらしいサイト見ていることを暴露してからかったことに対して弟が過剰に反応したから。

この物語の続きを読む

本屋さんで立ち読みしとったらヨチヨチ歩きの女の子がいた。口の周りヨダレだらけで手もびたびた。その手で平積みの本をべたべた触ってて…

774: 名無しさん@おーぷん 2014/06/16(月)16:39:56 ID:Hs6nAZlP2
本屋さんで立ち読みしとったら
俺のすぐ右手のところにヨチヨチ歩きの女の子がいた。
口の周りヨダレだらけで手もびたびた。
その手で平積みの本をべたべた触ってて、こりゃマズイんじゃねーか?と回りを見たが
どれが母親かわからない。
んんん!と何度も咳払いして何処かにいる母親がこっち見ないかなーとか思ってたが効果なし。
そのうち平積みの本の上にうんしょ、うんしょ・・・と登りだした。
と思ったらあっと言う間に登ってもた。
積み上げた本ってツルツル滑って崩れたりするじゃんか。
しかもオマケとか挟んでるような本ばかりの所だから余計に崩れそうでヒヤヒヤした。
危ないなーと思いながら見てたら、本の上で生まれたての仔馬みたいに立ち上がろうとして
「危ないから降りようね」って言って両手を出したら振り払われた。
この物語の続きを読む

そこそこ混んでいる電車に乗っていた時、私の横に立っていた女性の携帯が鳴り、そのまま喋り始めた。迷惑だなーと思ってたら…

652: 名無しさん@おーぷん 2014/06/08(日)02:14:37 ID:BkU6OrphA
私ではなく他の人の修羅場ですが…

昔、夜20時か21時ごろのそこそこ混んでいる電車に乗っていた時、
私の横に立っていた10代後半〜20代くらいの女性の携帯が鳴り、
そのまま喋り始めた。
「もしもし、今?電車の中だけど。は?なに?」
と結構な大声で、迷惑だなーと思ってたら
突然膝から崩れ落ち、ぼろぼろと泣き始めた。
私を含めた周りの人は何が起こったのかとびっくり。
この物語の続きを読む

実家の斜め向かいの家に住む同い年の男Aが勘助期とオンナガー期を繰り返しながら生きている。

67: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)15:59:02 ID:Dso
実家の斜め向かいの家に住む同い年の男A(義務教育時代の同級生)が
勘助期とオンナガー期を繰り返しながら生きている。

勘助期=あの子オレに優しい!俺の事が好きに違いない!×子タン天使!
オンナガー期=×子タンにフラれて頭が冷え、「やっぱり女は糞」と全方位の女に当り散らす

という周期を中学生の頃から繰り返している。
勘助期は長くとも三ヶ月程で、オンナガー期の方が圧倒的に長い。
周囲の女はオンナガー期のAを知っているため、彼を好きになる事は無い。
恋愛的な意味でも、人間としての好意・厚意という意味でも、無い。
なので勘助的恋愛が実ることはなく、30超えた今でも独身。

なぜ元同級生の事情に私が詳しいかというと、実家の斜め向かいにAが今も住んでいるからと
Aの母親とうちの母親が親しい為。
Aの母親はわりとマトモな人なのだが、4,5年前に亡くなった祖母が甘やかしすぎたのが
良くなかったようだ。
A母は「私達がタヒんだら残されたあの子がちゃんと生きていけるとは思えない」と
せめて金だけでも遺そうと、定年後も声かけしてくれた病院でフルタイムで働いている(元看護師長)
この物語の続きを読む

私は子供の頃から忘れっぽいというか馬鹿だった。至る所にメモ用紙を貼り、改善を試みたが、「そこまでしなければできないのか!!」と怒鳴られ家を追い出された。

753: 名無しさん@おーぷん 2014/06/16(月)09:54:45 ID:DNyctYtQE
私は子供の頃から忘れっぽいというか馬鹿だった。忘れ物はしょっちゅう、カバンの中はぐっちゃぐちゃで母によく叱られていました。
それは中学、高校になっても直らず、自分で直そうと思っても、何か別の事を考えるとスポーンと忘れてしまう。

職場では「やることがいちいち雑」「デスクが汚い」と怒られる。どんなに丁寧にやっても「新人以下」と評価された。
あと、書類などに名前を書くときも枠内に収められない。仮に鈴木花子と書こうとすると、「子」の部分がはみ出てしまう。

家では水出しっぱなし、玄関開けっ放し、すぐ散らかるので両親に呆れられる。どうしても雑念が入ると「水道を使ってること」「玄関があいていること」を忘れてしまう。
頭の中で「水を止める水を止める水を止める水を止める水を止める」と暗示をかけてないとダメだった。
至る所にメモ用紙を貼り(水を出しっぱなしにしないなどが書いてある)、改善を試みたが、
「そこまでしなければできないのか!!」 と怒鳴られ家を追い出された。←今ここ


この物語の続きを読む

先日漫画喫茶に行ったときに、間違えて隣の個室の扉を開けてしまった。視界に飛び込んできたのは…

994: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)09:04:54 ID:OQuMCHHEE
先日漫画喫茶に行ったときに、間違えて隣の個室の扉を開けてしまった。
視界に飛び込んできたのは、PCで工○動画を見ながらアレを扱いている上司。ばっちり目が合ってしまった。
私はすみませんッと言って扉を閉めて退店した。

この物語の続きを読む

ウェディングドレスに着替えて式場へと廊下を向かっているとき、正面からワンピドレスの女の子が歩いてきた。女の子がだっと駆け寄ってきて、私の膝裏に強烈な蹴りを入れて…

493: 名無しさん@おーぷん 2015/05/15(金)12:45:57 ID:Gt9
自分の結婚式のときの話。

ウェディングドレスに着替えて式場へと廊下を向かっているとき、正面からワンピドレスの女の子が歩いてきた。
ふわふわの白いドレスにティアラっぽい髪飾りで、多分20歳すぎかなってくらいの綺麗な子。
「最近の若い子は結婚式でも花嫁さんみたいな衣装を着てくるんだな」と思ってつい気になってじろじろ見てしまった。
知らない子だったけど、当日自分たち以外にも予定が入ってるという話だったので、その関係者だろうと思った。

この物語の続きを読む