世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

カテゴリー:修羅場(生活全般)

仕事中に「どうしようお父さんが逮捕されるかも!」 という電話がきた。義母がパニックだったので帰宅して何があったのか詳しく聞くと…

tejou

498: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/20(火) 21:58:13.22 ID:ceXiCLWz
十数年前、義母から
「どうしようお父さんが逮捕されるかも!」
という電話が仕事中に来てパニックになったのが修羅場。
義母に聞いても
「お父さんが警察官が」
と、要領を得ず、とりあえず帰宅しますと夫に連絡して帰ったら、義父はただ単に職務質問されただけだった。
この物語の続きを読む

学校の帰り道で見知らぬおじさんが倒れていた。すぐに救急車を呼んだがよく見るとおじさんは鼻血を出していただけで、「鼻血で救急車呼んじゃった!」と修羅場に!!

taoreruhito

697: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/11(火) 02:10:43.05 ID:Eg3QZSgJ
数年前の修羅場
学校からの帰り道に見知らぬおじさんが倒れてるのを見た
うつ伏せで顔のあたり血溜まりが
下手に血を見ると具合悪くなるくらいには血が苦手なので修羅場だった
声かけたら意識はあり、目眩おこして転んだら動けなくなったとのこと
助け起こせず田舎で人通りもないので救急車を呼んだ
この物語の続きを読む

車で駅まで親父を迎えに行ったら知らない女が入ってきた。しかも「この男に車に閉じ込められて何かされそうになった」 と事実無根を言い痴漢扱いされ…

tikan

542: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/27(火) 01:15:55.03 ID:BzkPpLHW
見知らぬ女に痴漢扱いされた。
深夜、オヤジを迎えに駅まで車で行ったんだよ。
田舎の駅なんで、人気はあんまないけど、ポツポツと俺みたいな迎えの車が数台あった。
電車が駅に入って、そろそろ出てくるなと思って車のロック外してスマホ弄ってたら、ドア開けて知らん女がいきなり助手席に座ったんだよ。
この物語の続きを読む

店が強盗に襲われた。何日かして、犯人も捕まらずにいると俺が犯行グループの一味ではないかと疑われはじめる。しかし犯人とグルだったのは以外にも店長とお店NO1の女で…

goutou

851: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/04(金) 23:45:22.51 ID:lYC8ek9v
以前の会社を退職したので書き込んでみる。人いなさそうだし。ちなみに書込み初めて、書き溜め無し、フェイクあり。。

ちなみに修羅場度は、
他の人に比べたら劣るかもだけど、自分の中では最大の修羅場
という感じで、ゆるゆるいきます。長くなりそうな感じ。

俺、同僚A~E、所長、所長よりも偉い方々
この物語の続きを読む

向かいの娘が彼氏に触発されてスタッドレスタイヤに履き替えようと挑戦。しかし芝生で作業をしたものだからバランスをくずして車の下敷きになってしまった!!

sitajiki

603: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/05(水) 21:01:08.46 ID:HvNWynx4
自分は目撃しただけなんだけど、当事者とその家族にとっては最大の修羅場。

家にいたら物凄い叫びが外から聞こえてきて、
外に出たらお向かいさんの娘さんが庭に出した車の横でのたうち回っていた。
そして片足が真っ赤で、よく見るとそれは血だった、足は甲の途中でぐにゃぐにゃしてるように見えた。
ご主人と奥さんも飛び出して来て絶叫、奥さん卒倒。
私が呼んだ救急車に娘さんは乗せられ運ばれて行った。
この物語の続きを読む

事務所にスーツ姿の男が来て「下の階で男の人が皆さんを呼んでますよ、全員フロアにすぐ降りるように」と言われ下に降りた。しかし、そいつは有名なデパート荒らしで…

eigadorobou

820: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/24(月) 10:21:53.98 ID:aEGm2XNZ
職場での修羅場
フェイクあり、自分はデパートで働いてた
突然事務所にスーツ姿の男が来た
「下の階で男の人が皆さんを呼んでますよ、全員(5人程度)××フロアにすぐ降りるように」とまくし立てるように言ってくる
「全員が呼ばれるなんて、まさか変なクレーマーが器物破損を起こしたとか」とその時点でガクガクブルブル
この物語の続きを読む

寝室にトラックが突っ込んできた!!私は覗かれたと思い「痴漢、お母さーん痴漢ー!」 と叫び運転席の男性も 「ち、違います!そ、そんなつもりは」と頭から血を流していて修羅場に!!

tikan

584: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/05(水) 09:11:53.70 ID:oHnKq5HW
寝室にトラックが突っ込んできたのが一番の修羅場。
昔、父の転勤に伴い父方祖父母近くの家を買い引っ越した。
元は祖父母の知り合いの家だったとかで格安と父が喜んでた。
母は何故か喜んでなく当時は不思議だった。
今なら、義実家に近く、広いが老朽化、線路道路脇だったからだろうなと分かる。
ある日轟音と共に2階へトラックが突っ込んできた。
私の隣の部屋は無茶苦茶。
ベッドの上の私は運転席の男性と目が合った。
この物語の続きを読む