Pick Upされた人気記事

カテゴリ:いい話・泣ける話の記事一覧

成人式のためにバイトで稼いだ30万近くを支払った着物レンタル屋が夜逃げ。すると友達が……

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: 成人式
692: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/09(火) 20:07:08.10 ID:39BjiYI7

友達の家が有り得ないほどお金持ちだった。
中高の友達と成人式に一緒に行こうと約束していたけど
着物レンタルする予定のハレノ○ヒが夜逃げしてしまい
私はバイト代で稼いだ30万近くを支払い済み。両親が至急レンタル出来る所を
探してくれたけど、周りも同じような被害に遭った人がいたせいか
レンタルや着付けも一杯だと断られ。
友達に事情を話して行けなくなったと連絡したら
「(私)ちゃん、もし嫌じゃなかったら家のおばあちゃんが買ってくれた振袖着ない?」
「え?そんなの悪いよ、気持ちだけ貰っとく」と話してありがとね。と言ったら
「お母さんもおばあちゃんも、着付け出来るし、少し家に来て見るだけ見て。
(私)ちゃん、私が牛乳吐いた時に拭いてジャージ貸してくれた(中学時代)よね?」と言われて
何度かお邪魔した事はあったけど、実は西側に広い離れがあり、そこには着物やその付属品(襦袢とか半襟、帯、足袋とか)が
仕舞ってあり、振袖は豪奢な物から優雅で可愛いものが木箱に5枚も揃っていた。

続きを読む

【悲惨】姉旦那と姉息子(7か月)が交通事故で亡くなった。告別式の朝、親「姉ちゃんが息子くんと消えた!」俺「!?」→姉は息子の体と一緒に警察にいたんだが…

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: 悲しい 泣ける
426: おさかなくわえた名無しさん 2017/05/04(木) 14:29:29.95 ID:ZQw937BK

俺が高校三年の時に、姉の7ヶ月になる子供と旦那が交通事故で死んだ。
旦那は結構酷い状態だったけど、子供の方は綺麗。
本当に死んだの?って疑いそうになるくらいだった。
だから余計かもしれないが、姉が甥の死だけ理解できなかった。

続きを読む

【泣いた】子供を病気で亡くした妹。教師だった妹は学校で号泣&生徒を抱きしめ退職→抜け殻のようになった妹に対して、妹の旦那が・・・

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: いい話 泣ける
305: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/15(金) 14:27:01.77 ID:EvM1qdzF

妹が子供を病気で亡くした。
教師をしていた妹はたびたび学校で不意に泣きながら
生徒を抱きしめる行為をして教師を退職した。

続きを読む

アルメニアで深夜の散策。暗がりから大柄なお姉さんが低い声で「ハ~イ、セックスウィズミー」……お兄さんでした。片言英語で身の上話→その後思わぬ展開に!

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: 衝撃的
416: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/10(火) 15:09:51.54 ID:hzOtl9vv

去年夏、東欧を一人旅していたときに、アルメニアでお祭りの日だったのか
深夜になっても街が賑やかでそれにつられて散策と美女との出会いを探していたら
公園の暗がりからブラとパンティだけの大きいお姉さんが出てきて
「ハ~イ、セックスウィズミー」
おお積極的と思ったが声が低い。お兄さんでした。。
面白くなってハ~イと返しながら手を差し出したら今度は向こうがビックリ

続きを読む

母子家庭で貧しく俺もファミレスでバイトして生活費の一部を賄ってた。バイト先に母が食べにきて一番安いスパゲティーナポリタンを注文→30年後

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: 衝撃的
220: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/05(木) 12:26:33.86 ID:7OpruVP7

30年以上前の話。
うちは母子家庭で母ちゃんは体が弱くて貧しかったから、俺もファミレスでバイトして高校の授業料と生活費の一部を賄ってたんだ。
ある日バイト割きに母ちゃんが食べに来たんだけど、口紅塗ってスカート履いた母ちゃんを初めて見たw
そして乗って来たのはライトが壊れて懐中電灯をくくりつけてあるサビサビのママチャリww
注文は店で一番安いスパゲティーナポリタン380円也www
母ちゃん同僚や店長が通る度に、一々立ち上がって「これ本当に美味しいですね。○○を宜しくお願いします」って頭下げてるし、同僚には「オマエの母ちゃん380円www」なんて笑われるし。


続きを読む

彼女にプロポーズしたら断わられた。彼女「ごめん、あなたのことは好きだけど心に響かなかった。だから今じゃないのかなって思った」→計5回のプロポーズの結果

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: プロポーズ
797: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/26(火) 21:51:06.90 ID:EyzNUesc

彼女にプロポーズしたら断られた。
なんか色々理由言ってたけど、ちゃんと聞いたら「ごめん、あなたのことは好きだけど心に響かなかった。だから今じゃないのかなって思った」と言われ
嫌われる訳じゃないし、今じゃないだけで将来的には考えてくれるかな?と思い付き合いは続けた。
アホな俺はそんな感じで1年足らずで計4回もプロポーズしては断られた。「そんなに結婚を急ぎたいなら別れた方がいいかも…」と言われ「ごめん!もう焦らないから別れるとか言わないで!」とまた付き合いを続けた。

それから2カ月ぐらいした頃、彼女の家で寛いでいたら彼女の飼い犬のパグ犬が俺の太ももを枕にして仰向けで白目でイビキかいて寝てしまった。
あまりにも無邪気な寝顔にオッさんみたいなイビキが可愛くて「いいなぁ(彼女)はパグオと一緒に暮らせて…」とボソっと言ったら「え?じゃあ一緒に暮らす?」と言われたから勢いで「え?じゃあ籍入れる?」って聞いたら「うん、いいよ!」と言われまさかのプロポーズ成功。

続きを読む

【しみじみ】駆け出しのエンジニアとして働いていた頃、大掃除をしていると試作図面を発見。俺「廃棄していいですか?」課長「………捨てていいよ」

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: 修羅場
179: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/10(金) 00:53:26.31 ID:6ODJlAv+

ほぼジーサンの今からウン十年前の記憶
あるメーカーで駆け出しエンジニアとしてエンジンの設計をやっていた。
部内の不要書類や部品の廃棄をしてスペース確保をするように管理部門から通達があり、
ペーペーとして大掃除をやっていたんだが、図面ラックのある一段にエンジンの図面一式
が詰め込んであったので、中身を確認したが試作図面のようで敢えて保管する必要もなさそう
だったので、課長に廃棄を具申した。
ちょっと間をおいてから、捨てていいよ、の返事をもらってシュレッダーへ投棄した。

続きを読む

隣に可愛くて愛想のいい猫を飼っているアラフォー夫婦が住んでいた。ある日念願叶って妊娠したので広い所に引っ越すという→引っ越しの当日の夜に外に出てみると……

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(0)
タグ: 捨て猫
154: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/28(木) 09:25:19.61 ID:RbhKnFKU

以前住んでたマンションの隣の部屋にはアラフォーの夫婦が住んでた
小さくて可愛くて愛想のいい猫を飼ってた
ある日念願叶って妊娠したとかで、もう少し広い所に引っ越すって出ていったんだ
んで引っ越し当日の夜に外に出てみると猫、置き去りにされてた
部屋の前でドアを開けてくれるのをずっと待ってるらしかった
翌朝出掛ける時にもまだ座ってて、夜帰ってくるとまた座ってた
嫁に聞くと昼間はどこかへ出掛けてて、夜になるとドアの前でずっと朝まで座ってるらしかった
そんな事が一ヶ月くらい続いたんだけど、子供が出来たから猫を手離す気持ちは分からんでもない
でも他に方法は無かったんだろうか

続きを読む

【感動】亡くなった父が残してくれたビデオを母が見ようとしたが、ビデオデッキの調子が悪くなったので、私「DVD焼こうか?」と提案すると・・・・・・

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(1)
タグ: 映画 ビデオ
48: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/12(日) 09:27:56.66 ID:CsooHZKi

母とビデオについての相談

両親は二人とも映画好き
母より一回り以上年上の父は、自分はおそらく先に死ぬことになるからと
映画のビデオをたくさん残していて
「さびしくなったら映画見るんだぞ、全部おもしろいから俺のとこ来たら感想聞かせてな」なんて言ってたらしい

この物語の続きを読む

長男がイヤイヤ期真っ盛りの頃、とにかく疲弊してた→夫が義母を呼んでくれて……義母「このビチビチマグロ具合、あの子(主人)とそっくり!きっと遺伝よ!」

カテゴリ:いい話・泣ける話 コメント(1)
668: 名無しさん@おーぷん 19/03/28(木)11:20:09 ID:BFq

何だか懐かしくなったので流れ豚切りで書き込み。
二十年以上前の話。

長男がイヤイヤ期真っ盛りの頃、とにかく疲弊してた。
とりあえず何でも嫌、ママ嫌い!の言葉、夜泣き etc……
よくあることだけど、主人が激務の中、ほぼワンオペの育児でいっぱいいっぱいだった
主人も可能な限り手伝ってくれてたけど、それもすごく申し訳なかった。家事も育児もできない自分はなんて情けない嫁なんだろう、って。
睡眠時間が短いこともあってイライラとそれを押さえる狭間にいて、子供に手を上げることだけはしないようにと毎日自分を押さえつけるようにして生きてた
何に対しても面白みを感じられなくなって、家の中に取り残されてるような閉塞感で、多分限界だったんだと思う
見かねて主人が、私に断って遠方に住む義母を呼んでくれた
(私両親はどちらも死別、義母とは良好な関係)

続きを読む