世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

最新記事

小学生のガキに石を投げられて怪我をした姉!→しかしガキの親は「石がぶつかったくらいで大袈裟。治療費は払わん」→それを聞いた兄は庭にあった石を拾うと…

618: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 18:06:19.76 ID:Qe63vL+5.net
兄の武勇伝

当時23才の姉が、小学生に石(野球ボールくらい)を投げられて眉上を縫う怪我をした
近所のおばちゃんがうちに駆け込んで知らせてくれて、皿が目に入りムスカ状態の姉をすぐに病院に連れて行った

石を投げた子供は地域でも有名な問題児で、親もアレな人で有名だった
案の定、子供の両親が石がぶつかったくらいで大袈裟だ!治療費なんか払わない!と逆キレ

隣の部屋で聞いていた兄はブチ切れ、縁側から庭に出ると、庭にあった石(ソフトボールくらい)を拾うと、綺麗なフォームでブロック塀に全力投球
ぶち壊れるブロック塀
この物語の続きを読む

時筍の根を持ち帰った→繁殖率が凄いのは分かってたが大の筍好きなので4軒隣の庭に筍の根っこを植えた→トンデモナイ事に…

21: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【東電 79.5 %】 2012/07/16(月) 17:46:19.22 ID:D0vBZfJ90
あんまり黒くないけど
実家が田舎なんで帰省した時筍の根を持ち帰った
繁殖率が凄いのは分かってたが
大の筍好きなので
4軒隣の庭に筍の根っこを植えた
翌年何気に遊びに行って筍貰ってきた
その時はまだ然程繁殖してなくて隣の奥さんも好いでしょうなんて笑ってたが
8年たった今は庭中竹藪になってしまった
この物語の続きを読む

昔私をいじめてた男に、告白された→男「こんなにキレーになってるなんて!実は前から好きだった。好きな子にいじわるするって言うけど、あれだったんだな!付き合ってくれ」

727: 名無しさん@おーぷん 2014/06/26(木)17:59:59 ID:6yzZuhaEB
昔私をいじめてた男に、告白された。
「こんなにキレーになってるなんて。」だと。
「前から好きだった。」だと。
「好きな子にいじわるするって言うけど、あれだったんだな。」だと。
「△(アニメ)好きなんだって?俺もだよ」だと。
「だから○ちゃん、付き合ってくれ。」
(本当は方言バリバリだったが)

好きだったら的にして小石入りの雪玉なげつけるのか?
無理やりカマキリの卵食わせるのか?
○ちゃんって初めて呼ばれたぞ?いつもシタイ(タヒ体の意)って呼んでたろうが。
夏場は腐るからって遠巻きで臭い寄るな、冬場はかたまってるんだから動くなって言ってたろうが。
△好きだよ?でもお前が好きならもう見たくない。
「俺憶えてる?」って?忘れる訳ないだろ?一番忘れたい存在なのに!
だいたいキレーってなんだ、私はお世辞込みでも普通がやっとだ。
お前、いじめてた私なら付き合えると思ったんじゃないか?
シタイじゃない普通レベルになったんなら付き合ってもマイナスにならないし、彼女もちに昇格できるもんな?
今やキモいオタクで、お仲間の男としかつるめないもんな?
お前なんかお断りだ!シタイになっても絶対嫌!
(本当は方言〜)

ガリで家庭環境もよくなくてそいつと他二人にずっといじめられてて、暗黒時代だった。
中学校に上がる前に今の家庭に引き取られて、3年かけて外見は一応まともになれた。
でも、心の中に「シタイ」時代がやっぱり存在してるから。
つい↑に書いたこと全部直接大声で言ってしまった。
そのまま泣いてると隠れてた友達がかけつけてくれて慰められた。
そいつは呆然と立ち尽くしてた。
この物語の続きを読む

母と一緒に祖母の葬式でDQN返ししてきたwwwwwwwwwwwwwww

361: 名無しさん@HOME 2011/04/15(金) 01:36:43.44
母と一緒に祖母(母から見たトメ)の葬式でdq返ししてきた娘なんだけど、流れを豚切ってもよろしいでしょうか?
362: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2011/04/15(金) 01:37:51.55
どうぞどうぞ。
363: 名無しさん@HOME 2011/04/15(金) 01:42:14.15
ありがとうございます!
それでは長くなりますが投下させていただきます。

各々のスペック
私子 大学1年
妹子 高校2年
母 40代、生活費を入れない父の代わりにある資格を生かし、自分の事務所で働く
父 40代、マザコンシスコンエネ夫、生活費を家に入れないカス
叔母(私子の母から見て義姉) 50代、ぶraコン天麩羅コトメ
祖母(私子の母から見て義母) ムチュコタン大好き天麩羅トメ
この物語の続きを読む

いつも冗談のつもりで思い切り引っぱたくナグるけるを繰り返すトメにDQN返しした結果…

219: 名無しさん@HOME 2015/01/25(日) 17:14:01.22
いつも冗談のつもりで思い切り引っぱたく×る×るを繰り返すトメ
拒絶しても旦那やウトが〆ても馬耳東風
いつも「悪気はなくて〜☆」で叱っても叱ってもキョトンとして何が悪いのかわかってない模様
旦那とウトと話し合ってトメと絶縁することと、ウトは次に何かあったらトメとは一緒に居られない、離婚するとまで決まっていた。私が×られた時の診断書や音声を証拠にすると言っていた
なので今日妊娠の報告に行った時やってしまった
トメと二人きりになったときにやっぱりニヤニヤと嫌な笑顔を浮かべながら腹を×りやがったのでさっとよけて瞬間的にトメの右頬にストレート決めてしまった
この物語の続きを読む

義弟「家のローンを組むのに200万入った通帳のコピーがほしい」私「あぁ!?なんであんたんとこが金借りるのにうちの通帳がいるの?おかしいんちゃう?」

187: 名無しの心子知らず 2007/07/30(月) 13:38:21 ID:Gs9PeEsT
セコケチかはわからないが、義弟に通帳のコピーをくれと言われた。
家のローンを組むのに200万入った通帳のコピーがほしいんだとか。
「簡単なことなんですよ、通帳貸してくれて、コピーさせてもらえればいいんですよ」
って
最初妹から電話で「安い利子でお金を借りるためにおねえちゃんとこの通帳が
いるらしい」とかかって来て、「あぁ!?なんであんたんとこが金借りるのに
うちの通帳がいるの?おかしいんちゃう?ふざけたといってんじゃないよ」
って言ったら、「だんなに代わるから」って
上に書いた簡単な事トークが始まった。
この物語の続きを読む

ネギ買ってきて植えた→次の日、外から「ママー今日はおネギあるよー」と言う声が聞こえた→外を見ると…

323: 名無しの心子知らず 2008/02/05(火) 21:45:10 ID:D2gkhmp3
豚切り。

うち、知らないうちに盗難被害に遭ってました。
盗難というのも恥ずかしい程度ですけど。

ちなみに被害に遭っていた品物は「ネギ」w
この物語の続きを読む

店員「ご注文少々お待ち下さいませ」キチママ「待てません」店員「少々お待ち下さいませ!」キチ「待てないって言ってるでしょ!私達はバスの時間があるの!先にしてちょうだい!」

340: 名無しの心子知らず 2013/09/05(木) 20:24:22.50 ID:t4TPY1AS
昨日の事。
ケーキ屋で働いてるのですが、三組ほどのお客様が同時に来店。順番通りに注文を伺ってると子連れのママが少し遅れて来店しました。
『ご注文少々お待ち下さいませ』の返事が『待てません』
あ、コレは、、、っと思っていると注文を言い出す
『少々お待ち下さいませ!』ともう一度言ったのですが、うちの店の前から出るバスに乗るらしく『待てないって言ってるでしょ!私達はバスの時間があるの!先にしてちょうだい!○○ちゃんと公園に行くのが遅れたらどーするの!』と叫ぶキチママとニヤニヤしてる息子、、、

長いと言われたので切ります
この物語の続きを読む

20年間ずっとアレルギー物質を体に取り込んだ結果…

151: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 17:20:28.33 ID:EJKhP41x.net
物心ついてから20歳までずっと体調不良だった。その原因がわかった時が修羅場だった。

症状としては、とにかくだるい。内臓がだるい。あと食後の吐き気。
胃腸のどっかが悪いはずと中学頃まではあらゆる検査をした。
でも異常なし。親にも仮病を疑われるし、だんだん総合病院の先生にも相手されなくなって精神科?にまわされた。
精神科ではなにか悩みがあるの?学校行きたくないのかな?とか的外れな質問ばかりされたときも心が修羅場だった。
気持ちが楽になる薬とかだされたけど、一日数回襲ってくる異常なだるさと吐き気以外は悩みないから必要ない。
でも飲まないと病院つれてってくれる親に申し訳ないので、大量の水で飲んで自室でティッシュにはいてた。
この物語の続きを読む

小太りのアニヲタがエレベーターに乗ろうとした時、それを見た女が「うわぁ…」と言って即『閉じる』ボタン押してしまった!しかし別の人が足をドアの間に挟み…

774: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 20:45:12.83 ID:wuCnqW/C.net
昨日の話、


買い物に行ってエレベーターに乗った、
地下の駐車場から乗って一階ですぐに止まったんだが、
待ってたのが、アニメの缶バッジ沢山付けた小太りの見るからにヲタクって感じの人

それを見た女が小さく「うわぁ…」と洩らし、
まだヲタくんが乗って無いのに即効で『閉じる』ボタン押してしまった、
この物語の続きを読む