世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

タグ:スーパー

スーパーで言葉が通じないキチママに絡まれた!話が通じないことに苛立ってキチ子が買い物カゴや陳列棚を足で何度も蹴り中身をぶちまけた。

milk
168: 名無しの心子知らず 2013/08/11(日) 01:10:00.15 ID:stDbDB7U
その時は見当違いに考えてキチママと思わなかったけど
よく考えたらキチママだったかもしれない・・・というかキチ家族
この物語の続きを読む

中学の時の後輩とスーパーに買い物に行ったら後輩がベビーカーのカゴ部分に商品を放り込み万引き!泥後輩「先に出ますね」

bebika
78: 名無しの心子知らず 2006/04/18(火) 15:26:48 ID:1iYGKkAn
中学の時の後輩が子供生んで家に久しぶりに遊びに来た。
中学のときとなにひとつ変わりない容貌にびっくりした(金髪レイヤードにミキハウス)
かなりひいた。
ちょうど夕飯の買出しに行くところだったので近所のスーパーに
一緒に行くことになった(かなりいやだったけど)
この物語の続きを読む

人の買物カゴから勝手に会計済み商品をパクる泥ママ!私「それ家のだけど勝手に何してんの!?」泥「カゴから落ちたから拾っただけだろ!(嘘)そんなゴミいらねぇよ!」

sakka
612: 名無しの心子知らず 2005/12/22(木) 18:00:22 ID:97oSKn2/
今日ベビカに上の子、抱っこで下の子を連れてスーパーに行き、100%ジュースを買った。
ちょうど試飲をやっていておまけにセサミ柄のプラカップをもらった。

会計をしようとレジに並んでいると、近くのレジに騒がしい親子連れがならんだ。
どうやら子がおまけのカップが欲しいのに、母親が買ってくれず駄々をこねている様子。
その時は大変だなーと思っただけだった。

そして会計の順番が回ってきた。
チェッカーさんが親切にかごをサッカー台に運んでくれ、その後私がおつりを受け取ろうとすると
取り損ねて床に落としてしまった。
さらに間抜けな事におつりを拾おうとして財布の小銭をぶちまけてしまった。
落とした小銭を周りの人から手助けを受け拾い終え、財布に仕舞い、サッカー台のほうを見た。




この物語の続きを読む

店の水汲みで自分のボトルに泥ママの手が!私「それ家の」泥「は?証拠は?」少女「その人(私)のだ」と口論に!その後少女の親もキレて店長も登場し泥が逃亡しようとしたその時!!

water
43: 名無しの心子知らず 2012/08/09(木) 17:23:46.25 ID:Dl4CKmk/
今日の午前中に泥ママ未遂?に遭遇した

場所は近所のスーパー(イ○ン系)。店内の、出口付近に水汲みサービスがある
カードと専用ボトル持ってれば、無料でアルカリ水汲んで良いやつ
ウチは小梨で旦那とふたりだが、この時期水だしお茶とか炊飯などで使うので、
2日に1度くらいのペースで3Lボトルを買い物のついでに汲んで帰っている

カード持ってないの有料なので、普段はさほど混んでいないのだが、連日の暑さ&夏休みと
言う事もあってか、開店すぐに買い物に行ったが、お手伝いの小学生で水汲み機前が混み合っていた
この物語の続きを読む

スーパーでセコキチママが大暴れ!挙句の果てに・・・

a0002_003209
280: 名無しの心子知らず: 2012/08/27(月) 18:56:25.31 ID:Ic8LZgcV
土曜に見た粗暴な母親
スーパーの、ワリと長いレジ待ちの列の中で
数人前に並んでた、園児ぐらいの子連れた母親なんだが
子供が何事だかぐずり始めたら、カートのカゴの中からモナカアイスを取り出し
包装をはがして子供に渡したんで、子供はアイスを食べ始めた
レジにいた店員がそれに気づき
「お客さん、未清算の商品を開封しないで下さい」とか注意したら
母親は大きな声で「ウルセー!オメーらがいつまでも待たせるから悪い!」と喚き
店員に豆腐をずいぶんな勢いでぶつけた
店員がよけたので、豆腐はレジ周りに飛び散った
すぐに他の店員(上司?)が飛んできて
「お客様、お時間を取らせてすみません、もう少々お待ち下さい」とか
その母親をなだめ、場を収めた
この物語の続きを読む

買い出しに行った時、女性の金切り声が!「誰の子供、堕ろしたと思ってんのよぉぉぉ!」

noimage
135: 127: 2005/06/29(水) 00:17:22
遅くなりました。すみません。家族を空港まで送って、今、帰ってきました。

修羅場に追いかけられたというのは、ちょうど十年前の夏のことです。
友人が、実家から缶ビールを一箱もらってきたため、急遽、酒盛りが下宿先で企画されました。
私と別の友人が、つまみの材料を調達するため、閉店間際になると投げ売り状態になる近所のスーパーへと買い出しに出向いたのです。
てくてく歩いていたら、蜂の羽音のような音が聞こえてきました。
それが女性の金切り声だと判ったのは、以下の言葉が轟いたからです。
「誰の子供、堕ろしたと思ってんのよぉぉぉぉぉ!」
この物語の続きを読む