275:  2012/11/29(木) 17:43:58.00
腹が立つので長文だが許してほしい。色々フェイクは入れている。 

私が旦那と結婚した時は専門学校生だったコウト。 
高卒〜就職〜退職〜専門学生だったのでその当時で20代半ば。 

専門学校を卒業した後、その道(国家資格とかではない)へ 
進もうとしたのだがなかなか正規採用の道は険しく、 
ずっとアルバイトをしていた…居酒屋で。 
専門で学んだことを生かせる施設はいくらでもあるわけで、 
どうせならそういうところでアルバイトをすれば良いのにと思っていたが 
旦那がそう言うと「大手じゃないと意味がない」と。 
それにしてもだ、大手に就職するためにも関連した施設でアルバイトすればいいのに 
と思ったけど、ウトメはまだ働いていたし、夢を追うコウトたんを応援するわという 
スタンスだったので放っておいた。(コウト実家暮らしだった。私たちは別居) 

そんなコウトと結婚したい!という奇特な女性が現れた。 
コウトより年下の公務員。 
これを機にちゃんと就職してはどうか、希望の職種でなくてもまだ正規採用が無理な年齢じゃないし、 
とコウトに言う旦那&ウトメに対し 
「アルバイトしていても夢を追いかけるコウトさんを私は応援します!支えます!」 
とキラキラした目で宣言されては何も言い返せなかった。 
モデルかアイドルか、と目を見張るくらい可愛い彼女からそこはかとない 
だめんず臭を感じなくもなかったが、そこまで言うならと皆に祝福され結婚した。 
この物語の続きを読む