世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

タグ:メール

友人嫁が出産→友人「共通の友達にも教えてあげよう!」→携帯を開いたら鍵のかかったフォルダを発見。朦朧とする嫁にパスワードを聞き出すと・・・

397: 名無しさん@HOME 2013/02/02(土) 23:09:29.14 0
友人♂の修羅場
友人嫁が2人目妊娠で出産の時にケータイを預かった時に共通の友人からメール悪いと思いつつ共通の友人だから今から分娩室に入る事を教えてあげようとメールを開く。



この物語の続きを読む

メール中毒の私「返事が思い浮かばない・・・後でやろう」→次の瞬間、予想外すぎる出来事が起こった!

720: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)23:31:23 ID:???
読みにくかったらごめん

当時ものすごいメール中毒者だった。
色んな友達とメールしてて、メールが着たら即返信!な感じのアイタタだった。
そんなある日、コンビニにアイスを買いにいこうとチャリで出発。
無事にアイスを購入しチャリに跨りコンビニ敷地を少し出た所で友人からのメールを受信。
無論メール中毒者だったので携帯をすぐさま開いてメールを確認し、返信を打とうとした。


この物語の続きを読む

浮気した母が「どうやって子供の親権取って離婚して慰謝料もらえるか」という内容のメールを父に誤爆送信

mail
488: 457 2011/04/01(金) 00:57:43.87 0
何かスレ違いぽい話題が増えたので俺も修羅場話晒す
俺というか俺の父ちゃんの修羅場だけど

俺が高校二年の時、うちの母ちゃんが青年海外協力隊だかでアジアの某国に二年行きたいと言い出した
この物語の続きを読む

泥ママの誤爆メール「○○(私)からパクッたぶどうがあるからきなよ(^O^)/楽勝すぎてわらえる(#^▽^#) 」 ②(完)

泥ママの誤爆メール「○○(私)からパクッたぶどうがあるから食べにきなよ(^O^)/楽勝すぎてわらえる(#^▽^#) 」 ①


budo
335: 173 2006/08/09(水) 15:41:43 ID:WfejmhA6
ただいま戻りました。
最後のカキコからリロってなかったので読みつつ。
本当にAママとBママ(とBママ子2人)でしたよ。


この物語の続きを読む

泥ママの誤爆メール「○○(私)からパクッたぶどうがあるから食べにきなよ(^O^)/楽勝すぎてわらえる(#^▽^#) 」 ①

budo
173: 名無しの心子知らず 2006/08/09(水) 13:06:33 ID:WfejmhA6
ちょっと時間のある方知恵を貸してほしいんです。。
さっき買い物中に偶然ママ友Aと会い、帰り道の途中にある私の家でお茶を出した。
その時に私の買ったピオーネが腐っているから、
A家の焼却炉で処分しといてあげるとAママが持ち帰っていった。
この物語の続きを読む

トメのメールを拒否設定。すると自宅電話で文句言ってきたから「実母とはテレパシーで話してますからこれからお義母さんもそうしましょう。実母と同じようにお浄土に行かれますか?」

mail
386: 名無しさん@HOME 2007/02/17(土) 23:49:16
ウザトメのメールを拒否設定にしてから三ヶ月
とうとう自宅電話で文句言ってきたから
この物語の続きを読む

ナルシストロミオからメール「君はまだお姫様でいるのだろうか。 僕はまだ君だけの皇子でいるよ。 」

ruri
247: 名無しさん@HOME 2009/11/07(土) 15:29:17 0
え~ナルシストロミオ。
もうすぐ40の誕生日を迎える、半年前に私を口説いていた男。
あまりの熱心さにほだされかけたところで既婚者だと発覚。
発覚の原因はうっかり落としたらキーホルダーがパカっと割れて中から赤ちゃんの写真が出てきたこと。
当然付き合わなかったけどしつこいしつこい。
誤字無修正なんであしからず。
この物語の続きを読む

元彼「4マタかけてたのは、外国暮らしの寂しさ故さ」

mati
654: 名無しより愛をこめて 2009/11/27(金) 19:32:01 0
日本の男はすげえ方向へ羽ばたくなと思って、海外留学中の姉にこのスレのこと話したら
日本人だけじゃねえよ!って言われた。以下、姉がイタリア人からもらったメール(晒し許可済み)>
この物語の続きを読む

ピザな元彼からのメール「君が豚バラ肉なら僕は君にまかれたジャガイモ。 」

buta
633: 名無しさん@HOME 2009/11/27(金) 15:51:19 0
失職して引きこもりになり、主食はピザとポテチばかりになった元彼。
体を気遣って野菜中心の食事を作ったりしてみたが「こんなもん食えるか」
と投げつけられ、別れたのが5年前。
昨日、テンプレどおりのメールが来た。
この物語の続きを読む