gimei
932: おさかなくわえた名無しさん: 04/07/29 00:21 ID:LIPB3KOe
よくテレビで”彼女が名前を偽って付き合っていた”ということと耳にするが
自分の彼女がそうだったと知ったとき。

状況は
彼女の携帯が壊れてしまったらしく、仕方なしに実家へ電話をすることにした
漏れ「もしもし、◎◎ですけど○○さんみえますか?」
彼女のオカン「あ!ちょっと待ってね!△△△~!◎◎さんから電話~!」

あれ?いま全然違う名前だったぞ?と思った瞬間

「も~お母さん◎◎君の前では○○って呼んでよね~!」
と遠くで彼女の声。現状が把握できずおろおろする漏れに
「もしもし☆◎◎君?どうしたの~?」と電話に出て普通に話しかけてくる彼女…
取りあえず状況を把握してから話し合おうと思い「あ、あの…名前…?」とだけ言い残して電話を切った
この物語の続きを読む