52: 恋人は名無しさん 2012/01/11(水) 02:02:11.03 ID:JlwONWMk0
初投下なので、読みにくかったらすみません。ありがちな修羅場ですが。 

私子:OL 20代半ば   
彼男:会社員 20代半ば  
浮子:彼男の同僚、同期 20代半ば 

私子と彼男は高校時代の同級生。社会人になってからメアド変更の連絡をきっかけに急接近し、付き合うことに。 
その後2年近く付き合った時に、彼男が他の支店へ異動することになった。それまでも隣県にお互い住んでいたものの、電車で一時間もあれば会える距離。 
しかし今回の異動に伴い彼は引っ越しをすることになったので、距離的にかなり離れてしまう。 

結構離れてしまうな~なんて思っていたら、彼男から「色々考えたけれど、これを機に結婚しよう。ついてきて欲しい。ずっと一緒にいよう」とプロポーズ。 
「いつか結婚したいね」なんて世間話程度に話したことはあったけれど、真剣に考えていてくれたことに感激し、私子はもちろんOK。 

両家の顔合わせなど、とんとん拍子に進み、まさに幸せの絶頂ww 
彼男は一足先に引っ越しをし、仕事が落ち着いたら私子も退職し一緒に住み始めることにした。 

彼男は私と違って友達が多く、小学校から大学までとあるスポーツをしていたので、そのスポーツ関連の友達や、高校の同窓会、地元の飲み会など色々なところで婚約者として紹介された。 
人見知りな私子は知らない人が多い場が苦手で「緊張するし、ちょっと嫌だな」と思いつつも(高校同窓会は除く)、 
それ以上にきちんと友達に紹介してくれたことが嬉しかったし、結婚をきっかけに彼男のように社交的になりたいと思い、明るく彼男の知り合いに接するよう努力した。 

そんな中、彼男の同期会に誘われた。職場の集まりだし最初は遠慮していたんだけれど、彼男に「普通に友達と飲む雰囲気だし、みんな私子に会いたいって」と言われ参加することに。 
参加してみると、ひやかされたりするもののとても楽しかった。 


53: 52 2012/01/11(水) 02:03:07.61 ID:JlwONWMk0
が、飲み会の途中で私がトイレに行き個室に入ってしばらくすると、誰かが入ってきた。 
この物語の続きを読む