888: 恋人は名無しさん 2011/08/09(火) 14:30:46.69 ID:BnzOoI3d0
もうすぐスレも終わるし、叩かれ覚悟でかっきまーす。 

登場人物 
私:20代女。某国へ仕事で滞在。 
アンドレ:30代前半男。私の彼氏。 
徹:20代男。日本にいる私の浮気相手。 

私とアンドレは付き合って5年。 
いい加減結婚を考えてほしい私に対し、まだまだ自由を楽しみたいと煮え切らない態度のアンドレ。 
そうはいっても半年後私は日本へ帰国が決まっていた。 
帰国すれば仕事も忙しくなるし、もう会えなくなるだろう。 
結婚をするか、もう別れるか。決めてちょうだいアンドレ。 
しぶしぶ結婚を承諾するも、アンドレは一気に情緒不安定になり毎日日替わりで 
「結婚する」「やっぱりしない」と言い出し、 
「結婚をするなら、週5は行為をすると約束しろ。」 
「お前の事は好きだから結婚はするけど、本当はしたくないんだ。感謝しなさい」 
等と言い出し、とても結婚が決まったのに幸せな気分になれなかった。 

入籍届けを市役所に届ける三日前になり、アンドレの結婚したくない気持ちはピークに。 
嫌がるこどもを歯医者に連れて行くように引きずりながら市役所へ、、、、 
行く気にもなれず、結婚を諦める事に。 
予約していた結婚指輪をキャンセルしたり、職場や友人や日本の家族に結婚破棄の連絡をするのが 
辛かった。 



889: 888 2011/08/09(火) 14:31:33.58 ID:BnzOoI3d0
一緒に住んでいたのだが、アパートの名義を私に変更し、アンドレは出て行く事に。 
(ささやかながら慰謝料の一部という事で、引っ越し等の手間はむこうにかぶってもらった) 
急な事でお金もなかったので、ネットでルームメイトをみつけてそこに住む事になったらしい。 
ルームメイトは子持ちの日本人女性で、旦那さんはおらず。 
結婚は駄目になったけどまだアンドレを好きだった私は、 
子持ち女性がルームメイトなら、まさかルームメイトに手を出したりしないだろうと安心した。 
この物語の続きを読む