世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

タグ:病気

【キチな人々】私「持病でこれは出来ない。ここまでは出来るからよろしく」バカ「なんで?病院行ってるんだから治るよね?治す気ないんじゃないの?」

968: 名無しさん@おーぷん 2017/05/10(水)23:24:27 ID:70H
病院に行けば病気が100%治ると思ってる人ってなんなんだろうね

私はホルモン異常の病気
自力で排卵できないから子供を望むのは絶望的
見た目は普通だけど日常生活にも支障がある
ホルモンのせいで鬱みたいな症状が出るから、ホルモンをコントロールするために病院に行って薬をもらって服薬してる
職場には話してて、毎月の通院日は早退させてもらってる
体力仕事が無理だからそのへんも免除もらってるけど、その分給料も低い


この物語の続きを読む

【修羅場】旦那がインフルエンザになり、生後4か月の娘を隔離することに。すると旦那が「絶対に嫌だ!」と娘を自室に連れ込み籠城した!

572: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)16:42:14 ID:HHm
娘が4ヶ月のときに旦那がインフルエンザに感染。旦那が治癒するまで娘と私は実家に帰ろうかという話になって揉めました。
弱っている旦那の看病をしたかった気持ちはあります。しかし娘への感染が怖かった。
初めは娘だけを実家に預けようと思ったのですが、娘は私がいないと泣き続けるタイプ。お風呂やミルクも私でないとNGです。


この物語の続きを読む

【修羅場】父親の信仰していた宗教が医学は悪!薬は毒!の考えで、生まれてから一度も予防接種を受けたことがなかった。母が他界し、病院にかかれない生活が続いて・・・

798: 名無しさん@おーぷん 2017/08/31(木)02:51:36 ID:w4V
父親の信仰していた宗教が医学は悪!薬は毒!の考えなので、生まれてから一度も予防接種を受けたことがない
母親が何度言っても承諾書にサインしなかったので受けられないと小1のころ、ハンコ注射があるときに教えられた
その後母が病タヒ


この物語の続きを読む

イケメン同僚「痴漢しすぎて次捕まったらもうヤバイwブラック企業でも雇ってくれないかもw人生詰むわw」

70: 名無しさん@おーぷん 2014/10/14(火)14:54:24 ID:AwodGKc9M
元同僚が痴漢の常習ハンなこと。
自他共に認める「病気の域」の痴漢。
捕まったのは三回だけだけど、訴えられてない余罪はもうザックザク。
痴漢って同性愛者とか女装癖みたいに完全なる性癖でやめられないらしい。


この物語の続きを読む

【修羅場】弟同級生「弟にいじめられた!」弟「やってない!」同級生親「絶対に許さない!慰謝料を払え!裁判を起こすから覚悟しておけ!!」

170: 名無しさん@HOME 2012/09/16(日) 20:04:21.22 0
17歳のときに父親が癌でタヒんだ
病気が発覚してから10ヶ月、あまりにも早かった


この物語の続きを読む

突然高熱が出て病院へ→医者「ご家族の方を呼んでください!どうして皮膚科が見なかった!!」

26: 名無しさん@HOME 2012/08/28(火) 09:25:51.84 0
前スレの流れで思い出した。
前の仕事していた頃、なんだか寒気が止まらなくて医務室で休ませてもらっていたんだけど
熱を測ったら39度を超えていたので、上司が気を利かせて帰らせてくれた。


この物語の続きを読む

【驚愕】突然「ガシャーン」「どん」「ギニャー!」叫び声と破壊音が→結果、母親の病気が発覚!!

243: 名無しさん@HOME 2013/05/15(水) 10:38:32.05 0
数年前のこと。

夕食後のまったりとした時間、弟がリビングでTV、母はあと片付け、私は自室にいた。
突然、「ガシャーン」「どん」「ギニャー!」叫び声と破壊音が。


この物語の続きを読む

【修羅場】次女が生後3ヶ月の頃、長女が長期入院。俺は赤ん坊と二人暮らしに・・・車の中で声を出して一人で泣いていた思い出

341: 名無しさん@HOME 2013/06/06(木) 12:26:12.86 0
次女が生後3ヶ月の頃、長女が長期入院。

育休中の妻が入院に付き添い、俺は赤ん坊と二人暮らしになった。


この物語の続きを読む

【修羅場】母「息するたびにヒューヒュー言ってるけど大丈夫?」→結果・・・・

357: 名無しさん@HOME 2013/06/06(木) 17:12:58.56 0
姉ちゃんの結婚式が私の修羅場。
個人で服作る仕事をしているんだけど、どうせならと披露宴に着るドレスを私が作ることに。
その直後、某飲食店の制服の製作依頼が二件きた。計12着を一ヶ月以内に。
その時、姉ちゃんの結婚式二か月前。


この物語の続きを読む