世にもキチな物語

オススメイチオシ人気記事

Pick Upされた人気記事

タグ:親

母との喧嘩でどんどん調子が悪くなっていった父が包丁を取り出した。私「あー、しぬのもいいかも。私もしにたい」→結果

388: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/13(木) 20:52:37 ID:ZjGyG+QJ
つい数日前の話だけど父が包丁を持ち出したこと。
つまらないことで始まった母との喧嘩でどんどん調子が悪くなり、
タヒぬつもりだったらしく、それを見た私も「あー、タヒぬのもいいかも。私もタヒにたい」って思った。


この物語の続きを読む

【修羅場】妊娠後期に横になってたら母から電話。どうでもいい話に相槌を打っていたら「なんだその態度は!こっちは心配してやってるのに!!」と突然キレた!

988: 名無しさん@HOME 2017/09/02(土) 13:03:17.56
妊娠後期
22時頃、横になろうかなーというタイミングで母から電話
どうでもいい内容だったので適当に相槌
なんだその態度は!こっちは心配してやってるのに!と母、突如キレる
あたしの時は〜などと自分の話しかしないくせにと思い、なお適当な相槌になる
電話口で泣き始めたかと思うと、もういい!と電話は切れた


この物語の続きを読む

【衝撃】父がウワキをして母が出て行った→すぐ愛人が家に来て生活する事に→大人しくしていたら母がやってきて「どうしてあの女なんかと仲良くしてるんだ!私を裏切ったのか!」と怒鳴られた・・・

266: 名無しさん@おーぷん 2016/12/15(木)17:07:46 ID:tmm
中学の時父の浮気で子供の私まで母にイラネされた
頭の湧いてた父は離婚してすぐ愛人を家に呼び寄せ父と愛人と私の三人暮らし開始
露骨な邪魔者扱いはされないまでも、明らかに余分な物扱いで
置いて行った母親を恨みそうになるたびに母も父の浮気で傷ついたんだろうなって、
自分に言い聞かせていた
会いに行っても顔を見ると父を思い出して辛い、一緒には暮らせないって言われると
どうしようもなかったし


この物語の続きを読む

私実家に子供を預け、迎えに行くと足に包帯を巻いていた→それを見た夫が「どういうことだ」と怒号!夫は激怒し、両親へひどい言葉投げかけた

756: 名無しさん@HOME 2013/06/09(日) 16:31:54.47 0
最近起こった修羅場

知人の結婚式があり、4歳の娘を私実家に預け夫と出席してきました。
式が終わり娘を迎えに私実家へ行くと娘が足に包帯を巻いていました。
それを見た夫が「どういうことだ」と怒号。
父が後ろから支えながら娘を自転車に乗せていたものの父がバランスを崩し手を離してしまって転倒。
そのためにけがをしてしまったということでした。


この物語の続きを読む

祖母と父が亡くなって知った事実!自分と姉は父とは血が繋がってないという事、そして囲われ者だった母の衝撃の過去

butudan
261: 名無しさん@HOME 2012/08/10(金) 01:23:25.40 0
自分の修羅場

自分(男)は父・母・姉・自分の4人と、父の実家で同居の祖母を逢わせて5人で暮らしていました
祖母は何かと母にイヤミを言ったりで自分はあまり好きじゃなかった
食事を作くれば「コレは失敗だね」とか「ウチの味じゃないね」と
掃除をしてても「雑だねもっと丁寧に掃除できないのか」などと、いちいちイヤミな祖母でした
自分はそんな祖母に口答えしたり、母をなぐさめていた
父も一応祖母に注意するのだけど、口先だけで本気で注意してるようには見えなかった
自分や姉にも結構厳しい祖母でしたが、嫌がらせとかは無かったと思う
ただあまりに母が責められるので、さっさと離婚すればいいのにと思ってた
この物語の続きを読む

信じられない親を発見!キチにも程があるだろ・・・

56af1d9c36213f9af8a69c4e131082ec
54: 名無しの心子知らず: 2011/10/06(木) 02:46:28.49 ID:Sv6atfrr
先日あった子供のスポーツ関係の大会での話。
会場のスポーツセンターの前にはたくさんの子供たちと引率のコーチと保護者。
会場が開いたときになだれ込んでの事故を防止するために
先に選手である子供たちと引率のコーチが少しずつ入場して
観覧の保護者はコーンで仕切られた端で待っていて後から入場することになってた。

会場について、子供を入り口前にいる友達のところにいかせて私は保護者の列に並んだ。
しばらくして見るからに保護者と思われる3人組がやってきて、まっすぐ入り口前の子供たちの後ろに並んだ。
張り紙や看板を見てから
「保護者はあっちだって~~」「ここでも別にいいよね~」
「ここじゃダメだって聞いてないもんね~」って口々に勝手なこといってた。
この物語の続きを読む